「シーソー理論」を取り入れることで安定させる

“安定”という言葉を聞いたとき、どのようなことをイメージしますか。

  • 大企業に入ったから安定している
  • 公務員になったから安定している

と思う人もいるかもしれません。

たしかにしっかりとした組織に入れば、たしかにクビを切られない限りそこに居続けられるのかもしれない。

それはそれでありだと僕は思う。

だけど、そうではない安定もあるなと僕は思います。

そのきっかけとなったシーソー理論

2〜3年ほど前にYouTubeをたまたま見ていたとき、リリーフランキーと宮沢りえが対談している動画を見つけたんですよね。

その動画がこちら↓

動画の29:00〜から「安心」とか「安定」とかの話になるんですが、その中でリリーフランキーがこのようなことを言っています。

(ちなみにそのほかの部分もとても面白いのでぜひ観てみてください)

シーソーは釣り合っているのが安定だと誤解している。

シーソーは傾いているから安定しているんですよ。

傾いているから動かない。

だから傾きっぱなしだったら超安定ですよ。

この言葉を聞いた当初、「なるほどな」と深く考えさせられました。

たとえば仕事などでやりたいことを見つけたとき、「失敗したくない」という思いが働いてバランスを取ろうとする人もいるでしょう。

だけど二兎を追ってばかりだと、結局中途半端になってどちらも手に入らないケースもあるはず。

そうではなく、「これをやる」と決めたらその決心に身を委ねて、一気にシーソーの180度動かしてしまう。

思いっきり傾けることで、「もう後には戻れない」という覚悟を生まれやすくする。

覚悟が生まれることで本気で向き合うようになり、成功に導かれやすくなるのだと。

そしてやってみて「違う」と思ったら、またシーソーをまた傾ければいい

この動画を見つけてから、多少のリスクを負いながら自分の理想を追い求めることも安定のひとつだなぁと思うようになりました。

まずは「ちょっと」を取り入れてみる

だけどリスクをとるのって、怖いですよね。

とくに守らなければいけない人がいる場合、失敗を恐れてためらう人も多い。

だけど、やってみないとわからないことだってたくさんある

だから「やりたい」と思うことがあるとき、日々の生活の中でちょっとだけでも時間を作ってみてほしい。

まずはちょっとだけ、シーソーを傾けてみる。

そして「いけそう」と思えるものであれば、その傾きをどんどん大きくしていく。

そしてある程度の確信を持てたとき、「えいや」と思い切って傾けてみる。

そうして行動し続けることが、心の安定も含めて、本当の意味の安定につながるのかもしれませんね。

ツイッターのフォローはこちら。

 

よければインスタグラムのフォローもしてくれると嬉しいです。

毎日の歩いた記録を投稿しています。

フォローはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です