努力の先にある爽やかなつながりを

自分は一人でいることが比較的好きなタイプ。

だけどずっと一人でいると、時折寂しさを感じて誰かとつながりたくなる。

そんなときに大切になのが、どういうつながりを持つか

人間は環境に左右されやすい生き物だけに、つながり方によって進む方向も大きく変わってしまうと思う。

せっかくつながるなら、後ろ向きではなく前向きなつながりを

みんなで日々切磋琢磨したつながりに乗っかることで、自分の中にもいい循環が生まれていく気がします。

「旅しゃぶ更新部」のポジティブな循環

自分は「旅と写真と文章と」というコミュニティに入っているんですが、最近「旅しゃぶ更新部」というハッシュタグができたんですよね。

ツイッターでもnoteでもInstagramでも、何かを更新したときにつけている人が多いです。

こんな感じで。

ツイッターでもnoteでもそうだけど、何かを更新し続けることは簡単ではないと思っていて。

(毎日noteを更新している人を見てほんとすごいなといつも思う)

こうした前向きなつながりがあることで、「もう今日はいいや」となるところを「もうちょっと頑張ろう」ともう一踏ん張りさせてくれる。

それとはほかにいいなと感じることがあって。

更新したことをSlack上で報告すると、みんなから「えらい!!」と褒めてくれるんですよね。

ブログとかツイッターは基本的に自発的なもの。

やってもやらなくても、誰にも何も言われません。

だからこそ、こうして褒めてくれる人がいることでやる気になり、その人の”可能性”がどんどん表に出てくる

正の循環が流れるところに身を置くだけでも、エネルギーがみなぎって活力が生まれやすいはず。

だからマイナスではなく、ポジティブなつながりを

なぁなぁとしたつながりではなく、努力の先にある爽やかなつながりを

そうした常に前を向けるつながりを、今後も大切にしていきたいです。

よろしければこちらもどうぞ↓

褒めることで、可能性の広がりに触れていたい

ツイッターのフォローはこちら。

よければインスタグラムのフォローもしてくれると嬉しいです。

毎日の歩いた記録を投稿しています。

フォローはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です