自分の中にある信念を大切にする

今日、たまたまこちらのnoteが目に入って。

宿泊予約サイト「Booking.com」で予約受付をやめた理由

その中にあるこの言葉が自分にとってとても印象的でした。以下引用文。

どんなに「ナメてる」とか「甘い」とか言われても、誰かに頼まれて始めたわけではないし自分でやりたくて始めた場所だから、自分のやりたいようにやる。

何か辛いことに直面したときやネガティブな状態に陥ったとき、自分の場合「やらなければならないこと」ばかりに目が向いてしまいがち。

たしかに「やらなければならないこと」をやることは大事。

だけど「やらなければならないこと」ばかりに目を向けていると、「やりたいこと」とか「ありたい姿」からどんどん遠ざかっていくような気もしていて。

そういう切羽詰まったときこそ、「どういう自分でいたいのか」をじっくり考えることは大切なんだと思います。

他人の意見に左右されない

「こう生きたい」という自分の中で思いがあるのなら、その思いを大事にした方がいい。

とくに辛くて大変だと思うときこそ。

(もちろん無理はしないこと)

「やらなければならない」ことばかりだと、どうしても余裕がなくなってしまい、どういう自分でいたいのかわからなくなってしまう。

そんなときは、どういうときにワクワクするのか考えてみるのもいいのかもしれません。

無意識でやることに目を向けてみる

そしてそのワクワクに対してどれだけ素直になれるか。

自分の理想とする人生を生きるためにも、やっぱり「好き」には正直でいたい。

常識だけにとらわれず、自分の中にあるメラメラとした信念を心の中に持ち続けたいなと思います。

(今日のマツオカさんのツイートを見て、思わずハッとしました)

よければこちらもどうぞ↓

「好き」を出した方が自分らしくいられる

ツイッターのフォローはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です