ソワソワしているときに落ち着きを取り戻す方法

仕事がうまくいかなくて落ち込んだり、恋人と喧嘩してイライラしたり。

人間なら、何らかのマイナスの感情が働いてソワソワすることってよくあると思います。

そんなとき、みなさんはどうやって過ごしていますか。

今回は、自分が実践している落ち着きを取り戻す方法についてご紹介したいと思います。

まず大切なのは、自分を客観視すること

イライラしたりネガティブ思考で落ち込んだりするとき、まわりが見えていないことも多い気がしています。

「自分はこんなにやってあげたのに…」などと、上から目線で自分中心な考えからになっている可能性もあるかもしれません。

そうやって自分勝手なことばかり考えていると、いつまで経っても落ち着きが戻らない。

そこで大切にしていることは、自分を客観視させること

第三者の視点から自分を俯瞰して見ることで、物事の視点を変えるよう意識しています。

そうすることで、「あぁ〜どうしてここに気づかなかったんだろう」と新たな視点につながりやすくなるんですよね。

ここからは客観視して落ち着きを取り戻すために、自分がいつもやっていることを2つご紹介します。

紙に書き出す

紙に書き出すことって、客観視する上でとても有効な方法だと思っています。

紙に書いてアウトプットすれば思考が見える化されるので、思考の整理がしやすくなるんですよね。

自分の場合だと、

  • どうしてそういう思考に陥ったのか
  • 自分は今どんなことに対してネガティブになっているのか

など、パズルを一つひとつ解いていくようなイメージを持ってやっています。

そこから原因を突き止めたあと、どうすればいいか対処法を考えて実行に移すような感じ。

あと落ち着かないとき、右往左往して居場所がないと思うことも多い気がしていて…

無理やり自分に課して居場所を作る意味でも、「書く」作業はおすすめです。

歩く

書く以外に歩くことも、自分を客観視するためによくやっています。

落ち着かないとき、思考が堂々巡りしている感じはありませんか。

歩きながら自分自身と対話して向き合う時間を作ることで、自然と冷静になりやすい気がしています。

ちなみに自分の場合、

  • ああだよな〜
  • そうそう、そうなんだよ

などとひとりごと言っていることも多くて…

(これは変な人に思われる可能性があるからおすすめはしないけど)

歩きながら自分を落ち着かせることで物事を客観視しやすくなり、解決の糸口が見えてきやすいんですよね。

もちろん一人で歩くのもおすすめですが、誰かと一緒に歩くのも個人的にはおすすめ

誰かに自分の考えを話すことで思考のアウトプットができます。

話しながら、「そういうことか」とネガティブ要素の原因が自然にわかってくることもけっこうありますよ。

最後に

何かマイナスの感情が働いてネガティブになっているとき、自分は

  • 紙に書き出す
  • 歩く

の2つを意識的に実行しています。

なぜこのテーマにしたかというと、さっきまで自分がソワソワしていたから。(笑)

だけどこの二つを実践してから、だいぶ落ち着きを取り戻せました。

もし仕事や恋愛で心が落ち着かないとき、ぜひ試してみてください!

ちなみに「自分はこういうのやっているよ〜」とかあれば、ぜひコメント欄やツイッターで教えてくれると嬉しいです!

この記事が、何かのお役に立てれば幸いです。

ツイッターのフォローはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です