英語の勉強に役立った2つの単語帳を紹介します

学生のときにフィリピンとオーストラリアに留学していたこともあり、英語は今でもそれなりに好きです。

留学したおかげもあってか、ある程度の日常会話ができるまで成長しました。

ですがそれは、基礎があってこその話だなと個人的には思うんです。

僕も今振り返ると、留学する前はそれなりに英語の勉強をしていたような気がします。

語学に関しては、やればやるほど力がつくもの。

今回は、「これから英語の勉強を頑張りたい」人に向けて、英語の基礎力の構築に役立った単語帳を2冊ご紹介したいと思います。

DUO3.0

まず基礎的な単語力を身に付けたいのであれば、これ1冊で充分だと思います。

知っているは知っている、有名な単語帳。

単語数は、見出し語とその派生語や関連語句も合わせると4700語以上。

「do」や「go」といった中学英語さえクリアできていれば、ぜひおすすめしたいです。

僕も、留学前や留学中は常に持ち歩いて復習していました。

文の中で単語が覚えられる

この単語帳の大きな特徴ですが、文の中に覚えたい単語が何個も出てくるんです。

たとえば、こんな感じ。

f:id:ttakka365:20180203194314j:image

最初にセンテンスが出てきて、その下に重要となる単語が書かれています。

左側には覚えたい単語右側にはその日本語訳や類義語・対義語が書かれているので区別して勉強しやすい!

音声でも学習できる

音声でも復習したい人は、別途でCDも販売しています。

基礎用と復習用と2種類あるので、気になる人はぜひ購入してみてください。

とくに基礎用は、「見出し英文和訳見出し英文見出し語もう1度見出し英文」と録音されており、飽きにくいのもポイントです!

DUO3.0

金のフレーズ

この単語帳は、英語全般よりかはTOEICの勉強をしたいという人におすすめしたい単語帳

僕は留学前にTOEICを受けようと思っていたので、この単語帳もかなり愛用していました。

その結果、1,5ヶ月でTOEICの点数が約200点上がるという思いもよらない結果につながりました!

TOEICに出てくる単語に特化した内容

この本に出てくる単語帳は、TOEICに出てくる単語のみ厳選されています。

著者のTEX加藤さんは、TOEICでずっと満点をとり続けており、まさにTOEICを知り尽くした男。

単語も「600点レベル」「730点レベル」「860点レベル」とレベル別に分かれているので、勉強もしやすいです!

各単語のコメント欄には、TEX加藤さんからの試験に役立つワンポイントアドバイスも。

f:id:ttakka365:20180203194213j:image

(少し見にくくてごめんなさい…)

上記の写真だと、「appliance」という単語は右側に「LRのどちらでも出る重要語。」と書かれています。

(LRとは「リスニング」と「リーディング」のこと)

こうしたアドバイスが、かなり実践的で役立つんです!

ほかにも、「この単語はこのパートで出やすい」「こういう風に間違えやすいから気をつけて」といった内容が盛りだくさん。

アプリでも学習できる

有料になってしまいますが、「金のフレーズ」はアプリをダウンロードすることで同様の学習ができます。

さらに音声も聞けるので、「単語の音声が聞きたい!」という人はぜひダウンロードしてみてください。

(アプリは「金のフレーズ」「金のフレーズ2」と2種類ありますが、「金のフレーズ2」の方が機能が充実しているのでおすすめ)

ちなみにTOEICにまったく興味がないという人は、「DUO」だけでも問題ないと思います。

金のフレーズ

英語学習で大事なのは毎日の継続

英語学習だけに限りませんが、重要なのはやっぱり継続すること。

毎日少しづつでもいいので勉強する癖をつけておけば、少しづつ英語力も上がっていきます。

自分も、この2つの単語帳のおかげでだいぶ英語に自信がつくようになりました。

英語の勉強を始めようと思っている人は、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

DUO3.0

金のフレーズ

ツイッターのフォローはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です