ブログは、僕にとって、自分らしくいられる場所

先日、とある友人から「noteは投稿しないの?」ということを聞かれました。

たしかに、このブログで書いてあることはnoteでも書けると思います。

でも友人から言われたことで、「どうしてわざわざブログに書いているんだろう」と自分でも疑問に思ったんですよね。

いろいろ考えてみた結果、おそらくブログは、「自分だけの居場所が欲しかったから」からなのかなと。

自分が自分でいられる場所があるだけで、なんだか安心できる感覚が持てる自分に気づきました。

ブログはほかの人の投稿を見なくて済む

noteのアカウントは実は持っていて、1年前くらいに2つほど投稿したことがあります。
(もう消しちゃったんだけど…)

noteの場合、ブログと比較して、ほかの人の投稿がすぐ近くにある感覚があります。

おすすめ機能があるので、簡単にほかの人の投稿が見れてしまう。

とても便利な機能だとは思います。

だけどおすすめ機能があることで、なんだか自分の居場所感がなくなってしまうような感覚を覚えてしまうんですよね。

僕は昔から他人のことがすごく気になってしまう性格で、TwitterなどSNSをしていると疲れてしまうこともよくあります…。
(いわゆるSNS疲れってやつ…)

おそらくnoteの場合、ほかの人の文章が簡単に見れてしまうからこそ、頭があれこれパンクしてしまう自分がいるなと…。

せっかく自分が日々考えていることを発信するならば、誰にも比較されないような自分だけの場所で伝えたい

評価数もなにもない場所であれば、「こういう文章を書かなきゃ」といった考えに縛られることもなく、自分が思ったことをとことん書ける。

今思い返すと、ブログを始めたとき、無意識的にそうした思いを持っていたんだなぁと思います。

自分だけの場所でもつながりは作れる

noteはほかの人の投稿が見やすいコンテンツプラットフォームだけに、よく読まれる文章は拡散されて、つながりもうまれやすいのかなと思います。

だけどブログにおいても、発信を続けている限り、どんどんつながりが増える場所だと思っているんですよね。

まだブログを始めて少ししか経っていないけれど、お問い合わせでメッセージをいただいたこともあります。

(こういうときに、「ああ、始めてよかったな」とめちゃめちゃ思いました)

実のところ、このブログと違う趣旨で、noteでもこれから投稿していこうと思ってはいます。

(ちょっと矛盾している感はありますが…ただの偏愛なので多分大丈夫)

だけど、今の自分の思っていることや大切にしたい考えなどは、できる限り、このブログで発信できればなと思っています。

ツイッターのフォローはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です