「好き」を出した方が自分らしくいられる

歩くことに興味を持ったきっかけは、たしか友達に誘われて歩いた渋谷〜六本木を歩いたときだった気がします。

4〜5年前のちょうど今くらいのとき。

そこから歩くことが好きになってしまい、LINEで「歩く会」なんて結成して山手線を歩いたり、渋谷から横浜まで歩いたり、井の頭線に沿って歩いてみたり…。

大学生のときはとにかく暇だったので、ひとりであちこち歩いて時間を消費していました。

最終的には歩く会のTシャツを作ろうっていう話にもなったと思う。

(作ったけど結局着て歩くことはなかったけど…)

でも最近、その「好き」に対して消極的になりすぎている自分がいるなと感じ始めました。

「好き」を公言していない自分でいたくない

これまで「好きだな」と思うことがあっても、なかなかほかの人に言ってきませんでした。

「好きなものはとことん自分の中に押し込めておこう」みたいな、ちょっとしたかっこつけている自分がいて…

ツイッターでも「極力無駄なことはツイートしないでおこう」と思ったり、ツイートしても結局下書きにしてツイートしなかったり。

そうやって自分の中に「好き」を溜め込むことで、どこかでモヤモヤしている自分を感じはじめたんですよね

“本当の自分”を内側に隠し続けることで、ますます自分が嫌になっていくような、そんな気がしていて。

「好き」を出した方が自分らしくいられる

僕の場合、「好き」だと思うものをとことん前に出した方が、どこか自分らしくいられるなぁと思い始めています。

これまで「ツイッターでこんなこと言ったらどう思われるのかな」など、どうしようもないことをあれこれ考えることも多かったです。

(本当にしょうもない…)

でもそんなこと考えてもしょうがないし、おそらく誰もそんなことは気にしていないんですよね。

恥をかこうとすることから逃げる自分よりかは、とことん恥をかこうとする自分を愛していたいなと

最近たまにつぶやいている#たかさんぽ もそう。

これまでは10,000歩以上歩いたら表示される「達成」が出たときにツイートしてたけれど、「それはなんかかっこ悪いな」と思い始めました。

(そんなこと、多分誰も気にしていないと思うけど)

ということで、これから歩いた歩けなかったに関わらず、#たかさんぽ を毎日更新してみようと思います!

たぶん歩けなかった日も普通に出てくるけど、それは「まあそんな日もある」ということで。

毎日更新していけばどうなるのか、自分でも楽しみです。

ツイッターのフォローはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です