「いつか」なんて言ってたら、その「いつか」は永遠に来ない

先日こんなツイートをしました。

これまで、「発信しよう」とはずっと思っていたのだけど、なかなか発信できずにいました。なぜなら「本音を話すことを恐れていた」から。

本音を話すことは、僕にとって、めちゃくちゃ怖くて勇気がいることなんですよね。

でもこれまでの人生において考えてきたこと、感じてきたこと、これまでの生き様を、ひとりの人間として表明していきたいと思ったのです。

想いを隠して生きるのはもうやめようと。

ブログを始める(発信する)理由として、「ライターとしてこれから生きていくなら持っておいた方がいい」というのも、もちろんあります。

でもそれだけではありません。

今回は、ブログをやろうと思った理由を少し考えてみたいと思います。

自分に正直でいたかったから

自分に対してありのままでいれる場所がほしかったんですよね。

発信していない状態は、僕にとって、どこか自分に嘘をついて生きているような感覚を覚えます(今もあるのですが)。

心の奥底で「自分の意見を表に出さなきゃ…」とは思ってはいても、怖くてなかなか実行できませんでした。

なぜなら自分の意見を表明することで、「何か否定されるんじゃないか」とありもしないことをあれこれ考えていたから。

そんなことを考えていてもどうしようもないのに…。

でもブログを作ってしまえば、自分の考えたことや感じたことの積み重ねが、記事として蓄積されていきます。

もしかしたら自分を発信することで、“生きている”という感覚を持ちたいのかも。

未来の自分に対する置き手紙

歳をとれば考え方もだんだん変わるでしょう。

30歳や40歳の自分だと、今より人生経験が豊富なはずなので視点も異なると思います。

そのときの自分をログとしてきちんと残しておくことで、何か悩んだときに昔の自分に助けられるかもしれません

また自分だけでなく、発信することで自分と同じように悩んでいる人の参考になれば、これほど嬉しいことはないなと思います。

自分のことを発信すればもっと世界が開けると思ったから

このように思ったのは、僕が尊敬してやまない坂爪圭吾さんのツイート。

そう、ありのままの自分を表現することは怖いんです。

それでも、「自分はこういう人間なんだ」と世界に対して公言することで、必ずどこかで賛同してくれる人はいると信じています。

振り返ってみると、2年前の自分もそう言っていました。

怖いからこそ立ち向かってゆくのだ。何もやってないのに勝手に決めつけるな。
(なんだか文字のサイズが変わってる…)

いつかそういう人に出会えるためにも、自分をもっと発信していきたいなと思います。

「いつか」なんて言ってたら、その「いつか」は永遠に来ない

「いつか」を言い訳して、自分をオープンにすることを避けていたんだと思います。

その「いつか」をずっと待って受け身でいても、結果的には何も変わりません。

「いい人に見られよう」というプライドをなくして、ありのままの自分で生きていけたらなと思います!

ツイッターのフォローはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です